DaiGo(ダイゴ)兄弟対決!弟の松丸亮吾と初対決にメンタリストの名をかけて!モニタリング

スポンサーリンク

DaiGo(ダイゴ)兄弟対決!弟の松丸亮吾にメンタリストの名をかけて初対決!モニタリング

メンタリストのDaiGoが兄弟で初対決!!

メンタリストのDaiGoといえば英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTVや雑誌などで、マジシャン、パフォーマー、作家とひろく活躍しています。

そのDaiGoが弟の現役東大生の松丸亮吾君と兄弟で初対決するというのです!!

メンタリストといえば日本ではDaiGoが代名詞ですし、実力のほどはもうすでにテレビやネットでみれることができるのでみなさん周知のことでしょう。そのDaiGoと対決する弟も実はかなりの天才ですでに有名になっているのです。

ということは天才兄弟初対決!ということで、かなり面白いことになるのではないでしょうか!

今回はニンゲン観察バラエティモニタリングで勝負するようですが、この番組の予告だけでもかなりワクワクする感じでしたよ!

兄・DaiGoと弟・松丸亮吾君の初対決!

亮吾君が、「いつもの方法は通用しない」

というと。。。

兄は「そういうのなんていうか知ってる?」と揺さぶりをかけ

「ムダな努力!」と権威付け!(笑)

もー、予告だけですでに面白い!!

スポンサーリンク

メンタリストとは(DaiGo)の場合とwiki風

メンタリストという言葉はもはや日本では広く知れ渡っていますが、もういちどここで簡単におさらいすると、読心術・テレパシーといったメンタルマジックを行うパフォーマーのことです。

日本でこの言葉を知らしめたDaiGoさんの言葉で言うと、メンタリストは超能力者ではなく、「メンタリズム」を駆使して超能力と言われる超常現象を再現するパフォーマンスをします。科学や心理学などの知識と技術をもってすれば再現できない超常現象はなく、心理テクニックや人間工学を使って心を操るのがメンタリズムです。とのこと。

人の心を操る。。

DaiGoさんが語る最古のメンタリズムは古代エジプトで神官たちが使っていた「ホットリーディング」という手法。彼らはこれでファラオ(王)を操っていたそうです。

ファラオがお告げを聞きに神殿Aに訪れたら神官は、「あなたの質問の答えは神殿Bに届いています」という。ファラオはこの世でもっともはやい移動手段、つまりもっとも俊足の馬で神殿Bまで駆けていく。するとファラオのお告げはもう届いている。

カラクリは単純、神殿間で伝書鳩を飛ばしていた。というのが種明かしです。

このように、いろいろな演出で心をとらえます。

DaiGoさんも、よくやるパフォーマンスで、何人かの人の中で誰かに物をもたせ、それを誰がもっているかあてるというのをやりますが、もちろん最初からだれが持っているかわからないけれど、最初から「誰が持っているかわかりました!」と権威付けをしてから始めるそうです。芸人などが変顔をして表情をわからなくしても、その場合は観客に、もう誰がもっているかわかるのです!というと、みんなが持ってる人が動揺してないか、注目するそうです。

それで答えを導いていくというのです。。

ここで少しDaiGoさんのwiki風プロフィールも載せておきます。

DaiGo

  • 名前:松丸大吾(弟さんが松丸さんなので苗字はおそらく同じかと(笑))
  • 生年月日:1986年11月22日
  • 出身地:静岡県(弟さんはなぜか千葉県)
  • 学歴:慶応大学理工学部 物理情報工学科
  • 職業:メンタリスト・マジシャン・パフォーマー

こんなところでしょうか。では、弟さんの情報はどうでしょうか。

スポンサーリンク

現役東大生・弟の松丸亮吾君も天才!!wiki風

ではここで弟の亮吾君の紹介もしておきます。

  • 名前:松丸亮吾
  • 生年月日:1995年12月19日
  • 出身地:千葉県市川市
  • 学歴:麻布中学→麻布高等学校→東京大学工学部在学中4年生(2019年)

亮吾君は現在、東大内の「ナゾトキ」制作集団アナザービジョンの代表も務めていました。

東大のこのサークルで作問を手掛けた著書「東大ナゾトレAnotherVisionからの招待状」は累計110万部を超える大ヒット。

実は彼は、兄のDaiGoへ密かにコンプレックスを抱えていたという!

中学時代にDaiGoの弟だということを友達には話していましたが、「DaiGoの弟」としか見られなくなってしまい、「メンタリズムやってよ!」なんて言われたり、自分のことはあまり掘り下げてもらえなく悔しい思いをしたことがあり葛藤していたようです。だから、「僕は僕なりにDaiGoに頼らない、DaiGoなしの状態で何かを成功させてやるという野望があった」と言います。

そして、不純な動機ながらも東大受験は慶応大学卒業のDaiGoに対する対抗意識だったそうです。兄を超えたくて必死に勉強して東大に入りましたが、それが兄を超えたということでもないので自分にできることを考え、「問題作りがある。。」とそのまま「ナゾトキ」の道へ。。

テレビ出演の依頼もくるようになりましたが、そのときはまだDaiGoが兄だということを公表もしていなかったのですが、兄の名前が明かされてない中で自分が注目を浴びるようになったことがうれしかったとか。そして著書の売り上げが伸びてきたころに兄から、そろそろ自分で成し遂げたこともあるし公表しないかといわれ、今なら言ってもいいかなと心境に変化が現れたそうです。

まあ、もともと仲が悪いというわけでもなかったので、明かしてからも兄弟関係は良好ということです。

そして今ではニコニコ動画で「DaiGoと松丸亮吾のナゾトキチャンネル」もオープンさせています。

亮吾君にとってはDaiGoはずっと目標だった存在。いつか自分が成功したらきっと面白いコラボができると思っていたようで、今考えていることを話しても家族だからこそ思いつくアイデアや通じることもありとても楽しいらしいです!!

そんなDaiGoと弟・松丸亮吾君の初対決!!!

これは面白すぎるのではないでしょうか!!

スポンサーリンク

DaiGoと弟・松丸亮吾君の兄弟初対決で。。。

実はDaiGoと亮吾君は4兄弟だというのを知って驚きました!!

な、な、なんと、こんな天才でイケメンの兄弟でも珍しいのに、まだ二人もいてるとは!!

DaiGoさんが長男で、亮吾君が4男なので、あとは次男と三男がいてるのですよ!

次男が慧吾さん、三男が怜吾さんだそうです。

彼らは一般人なのでテレビにはまだ出演されていませんが、次男の慧吾さんはニコニコ動画には出演されているみたいですよ!

こんな素晴らしい4兄弟、今後の活躍が見逃せませんね!!

そしてオンエアー!DaiGo対弟松丸亮吾君の兄弟対決ありました!!

初兄弟対決レポ開始!

メンタリストDaiGoの弟、松丸亮吾が兄に挑戦!!

異次元の頭脳を持つ兄弟の超ハイレベルな心理戦!

対決、まずはいつものババ抜きチャレンジ!

亮吾君はビデオをみてそうとう研究してきたらしい!!

そして、開始!

そして並べ終わり、並べ方にも着目!

ここで今まで兄に勝ったことがないという雑談を。。

何やっても勝てないから東大に入ることを目標にしてきたという。

しかし、兄のDaiGoからは、「勝てるのは学歴と人柄だけだよ」と。。

そしてこうやってとりとめない会話をしているうちに

DaiGoからこんな言葉が。。

スポンサーリンク

「もう終わってるから」

もう終わってると言われた弟君。。。

「動揺しないぞー僕は!」

兄のビデオ見てるから権利付けしてくるのはわかっている。。

「そうやって揺さぶりかけてくるんだろ?」

弟君も負けじと「ジョーカーはどこだと思ってるの?」と揺さぶりをかける。。

DaiGoは動じず「順番を変えてないパターンに1票」と

図星!!

そして、DaiGoにズバズバと揺さぶられる

「急に頷くスピードが大きくなって瞬きの持続時間が伸びたのは?」と聞かれる。

どんどん攻められる弟、亮吾君(笑)

あらららら、目をつぶってしまうってことは、動揺してるってこと。。(笑)

「本当に終わっちゃうけどいいの?」なんていわれちゃってる。。(笑)

「真ん中だけ残してあと全部引くよ」(笑)

はい、ちーーーん!!

あははは、あっさりお兄ちゃんが勝ってしまいました!!

このあと、亮吾君が、もう一回やろう!とまた挑む!!

自分から赤、青、黄色のボールを持ち込んだ!

DaiGoが後ろを向いた状態で亮吾君が取ったボールの色をあてるというもの。

この対決の結果は次ページへ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする