三河屋製麺 中華麺製造 宮内巌代表 笑ってこらえてに出演!

スポンサーリンク

三河屋製麺 宮内厳代表取締役 業務用中華麺製造で成功! 

1億人の大質問 笑ってこらえてに出演!

名前の旅はラーメンの旅!

佐野実氏は、ラーメン店「支那そばや」の創業者でラーメンの鬼の異名で知られています。

その佐野氏が一目置く究極の麺職人を紹介!

作っている麺の種類は280種類!900店のラーメン店に中華麺を提供しているというすごい方!!

そんな麺職人にせまってみましょう!!

スポンサーリンク

三河屋製麺 宮内巌(いわお)代表取締役

その麺職人とは!!

宮内巌社長です!!

出典:https://jinzukan.myjcom.jp/

本社工場は東京都の東久留米市にあるそうです。

三河屋製麺さんは、もとはうどんの麺から始まった会社で宮内さんのご両親が営んでいました。

宮内さんは特にこの会社を継ぐという感じではなく、学校を卒業すると大手のコンピューター会社に就職したようです。

しかし、思うように自分のやりたいことにたどりつかなくなっていったので先行きを考え、4年くらいその会社を務めたあとに、お父様と話し合い三河屋製麺に就職させてくださいとお願いして三河屋製麺に就職したということです。

そして中華麺の営業を始めましたが、最初は中華麺1種類しかなかったので、営業で一旦断られると後がないということで、営業先にそのラーメンの特徴を聞いて、オリジナルをつくるというところにたどりつき、そして麺の種類を増やしていったということです。

ラーメンといっても今の日本はいろんな種類があるのでそのラーメンにあうものを作るという細やかな作業がとてもうけたのでしょうね。

そして、従業員6人の会社から133名以上の企業に成長させました。

スポンサーリンク

海外進出も積極的に

そして今では海外にも進出するようになりました。

それは、日本のラーメン店が台湾に出店することをきっかけに、いろいろ調べたところ、台湾なら同じ材料が手に入るということで、海外進出に踏み切ったようです。

台湾で、日本のラーメンを!あくまでも日本のラーメンを!ということでこちらもこだわって麺を作っているそうです。

その他、海外でのラーメン店ようのラーメンプロデュースする方に製麺の仕方を教えるということもされているようです!

なかなかバイタリティのある方ですよね!!

笑ってこらえてのオンエアーが楽しみです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする