磯貝洋光は三浦知良と同世代でサッカー界の異端児!今は大激変!【爆報フライデー】

スポンサーリンク

磯貝洋光は三浦知良と同世代でサッカー界の異端児!今は大激変!【爆報フライデー】

磯貝洋光は三浦知良と同世代で天才と言わしめた異端児!

サッカー元日本代表選手でJリーグ黎明期に「天才」と呼ばれた。。

それは磯貝洋光選手。

今夜の爆報フライデーで彼の激変ぶりが放送されるので調べてみました!

磯貝洋光(いそがいひろみつ)

生年月日:1969年4月19日

出身地:熊本県下益城郡

磯貝選手は小学校時代に全日本少年サッカー大会に出場すると天才サッカー少年として脚光を浴びます。

中学時代はU-17日本代表のエースストライカー。 1985年に帝京高校に入学すると1年生から10番を背負うことに。1986年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユースアジア予選に出場します。

1988年に東海大学に入学すると澤登正朗と共に1年時からレギュラーとして全日本大学サッカー選手権大会を始め多くのタイトルを獲得。

Jリーグ開幕前年の1992年に東海大学を中退して、ガンバ大阪に入団。自身への挑戦のため、あえて馴染みのない関西のクラブに入団したとの事です。

本人は、週刊誌の取材・天才スポーツ選手が語る「栄光と挫折」でのインタビューで、「京都の舞妓さんと遊びたかった。まあ、釜本(邦茂)さん(当時監督)に美味しいステーキをごちそうになって、断れなかったのかな」と語ります。

1992年にガンバに入団ということは、まだJリーグ発足の1年ほど前。

Jリーグは1993年の5月15日発足でまだこのころは代表戦ですら閑古鳥が鳴いていた時代ですから、ステーキを食べさえてもらったっていわゆる口説き接待。

なんだかそれだけでも嬉しい時代だったんでしょう。

その後は永島昭浩や本並健治らと共に、Jリーグ初期のガンバ大阪を盛り上げます。

常に主力として活躍し、キャプテンを担った事もありましたが1995年の日本代表としてインターコンチネンタル選手権で念願のAマッチデビューを果たすがこれが最後の代表出場となります。

そして1997年に浦和レッドダイヤモンズに移籍したが翌1998年になんと29歳で現役を引退してしまうのです。Jリーグ通算成績は135試合出場29得点。

この時代に活躍したストライカーとしては三浦知良さんがいます。キングカズはまさしく天才ですが、磯貝さんも天才と言われながらなぜサッカーをやめてしまったのでしょう。

ガンバ時代、ラモス瑠偉さんから後継者と指名されていたのですが、足首のケガにより思うようなプレーができず、サッカーは引退となってしまうのです。

スポンサーリンク

サッカーからゴルフに転身

サッカーをやめた磯貝選手は、なんとゴルフに転向します。

え!これ磯貝さん?サッカーの時と別人!

1999年の「スーパーマリオよみうりオープン」に主催者推薦でアマチュアとしてゴルフツアーに初出場し、ゴルファーとしての活動を開始します。

確かにサッカーの腰の動きとゴルフの動きは通ずるものがあるといい、サッカー選手でゴルフのうまい人は多いです。

その後プロ宣言し2002年には主催者推薦でダイヤモンドカップゴルフトーナメントにてプロ宣言後初のツアー参戦を果たします。

それ以降はQT受験からのツアー参加を目指したが突破は果たせず、ツアー外競技中心の活動となります。 2006年にはPGAプロテストに挑み、一次テストを突破するも合格はならなかったようです。

その後もトレーニングを続け、チャレンジの出場やQT受験に挑みますが本戦への突破は叶わず。

競技外でもゴルフ番組への出演。キャディとしてプロに帯同するなどゴルフに関わり続けてはいたが、ゴルファーとして目立った結果は残せず、本人によると獲得賞金についても「ほとんどない、記憶に無い」といいます。

それでも、「ゴルフのほうがよっぽど楽しい。自分だけでやれるじゃん。いちいち人のプレーをみてるのって、楽しくなくない?」と彼はいいます。

スポンサーリンク

現在は。。気ままに車上で生活(笑)

そんな磯貝さん、今は声がかかればサッカースクールで教えたり知り合いの建築現場を手伝う気ままな生活を送っているといいます。

「お金に執着したらしんどいでしょ。高いねん棒をもらっていた現役時代も生活の質は今と変わらない。夏はスリッパと短パン。好きなことしかやんない。他人の目も気にしない。生きる価値観とかもあまり興味ない。人生を目いっぱい楽しく過ごすだけ」

代表時代はカズさんやキーちゃん(北沢豪)と一緒にやっていましたが、二人はもてまくってたそう(笑)クラブのVIPルームでわいわいやっていたということ。

磯貝さんは今は車中泊や友人の一軒家を間借りして生活。スポーツコンサルタントなどの依頼をその都度受けてこなしている。

出典:https://www.news-postseven.com

やっぱり天才はなにものにも振り回されず自分の価値観で楽しくすごすのですね。

すごい異端児ですが、なんだかかっこいいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする