世界的マジシャン「MAGUS」メイガス そのすごい実力と魅力のマジックが気になる!

スポンサーリンク

世界的マジシャン「MAGUS」メイガス 

そのすごい実力と魅力のマジックが気になる!

世界のマジック界の先端をいくマジシャン・メイガスさん

マジシャン、といえばやっぱり日本で有名なのはMr.マリックさんです。

世代交代なのか、最近は長身でイケメンの「メイガス」さんがメディアによく

現れるようになりました。

出典:http://officenine.com/

すでにネット上では彼のプロフィールなどがあがってきていて

本名は公表されていないけれど花田圭介さんという名前だと出ています。

年齢も公表されていませんが、出身地の函館の彼の幼馴染や友人はすぐに

わかるでしょうし、大学も武蔵野大学造形学部油絵学科といわれてますので、

当然同級生がいるからわかるでしょう。

だいたい1970年前後生まれなのではと言われています。

今回メイガスさんをご紹介したいのは、そのような調べればすぐにネットで出てくる

プロフィールではなくて、彼が世界で絶賛されている理由というのを紹介したいのです。

スポンサーリンク

マジシャンとして腕をあげるために

メイガスさんは、幼少のころからマジシャンになりたくて、

常にマジックの練習をしているような子供さんだったようです。

マジックやイリュージョンなどは超能力ではないので、かならず「タネ」が

あるので、それが観客にわからないように腕を磨かなければいけません。

大学進学のために上京してきた当時はマジックショップに入りびたり、

そこで実力を磨き、大学生になって大学の講義中もマジックの練習をしたり、

どんどん腕を上げていったようです。

大学在学中にテレビ局から”ピラミッドを消す”というイリュージョンを依頼されたようで

その準備のために大学を2年ほど休学したこともあるそうです。

このことからも分かるように、やはり大きなマジックにはそれ相当な準備期間

というものが必要になってくるのです。

結局その番組は企画がなくなって頓挫してしまったようですが、

すでに大学生でそんな大掛かりなオファーがくるまでに腕をあげていたのです。

スポンサーリンク

マジシャンでありマジッククリエイターでもある

マジック大好きな少年から、学生のころにはテレビ局からオファーがくるほどの

腕をもつほどになったメイガスさんですが、一度はマジシャンをやめて別の

職に就いていたころもあったようです。

それはWEBプログラマーだったそうです。

しかし、やっぱり夢を捨てきれずにもう一度マジシャンを目指したのでした。

10年ほどマジック指導や監修者として裏方を努めるも

40代でマジシャンとしてデビューを果たしました。

遅咲きなほうでしたが、それまでの積み重ねと経験というものがあるので、

マジックの歴史、知識、日々の研究、トレーニングを継続した結果が

今の彼の「マジッククリエイター」として世界に通じるマイスターとなって

いるのです。

スポンサーリンク

テクニックとパフォーマンスの栄光

彼は、恵まれたことに長身でイケメンということもあって、

様々なタイプのマジックテクニックと華麗なパフォーマンスで

人々を魅了し、国内外で名誉ある賞を受けています。

「JAPANCUP マジシャン・オブ・ザ・イヤー」

「日本奇術協会特別賞」

そして世界最大のマジック団体、

インターナショナル・マジシャンズ・ソサイエティが選定する

「マリーン・アワード2018」

これをトリプル受賞しました。

メディアからも引っ張りだこの状態になっています。

彼のテクニックは

過去の常識を超えたクロースアップ(至近距離)マジックから

超絶スピードで演じられるマジック、大規模な解錠術イリュージョン

読唇術やメンタリズムなどなど、

それぞれが話題になり、名実ともに世界が大注目するマジシャン

「MAGUS」メイガス

と名を轟かせているのです!

スポンサーリンク

マジシャンだけではなく多岐にわたるマジックの世界を

過去に積み上げた経験から、表舞台のマジシャンとしてもですが、

先に述べたように「マジッククリエイター」としても活躍し、

世界22か国、数百名ものマジシャンをクライアントとし、

マジック指導、演出、さらには用具製作にも携わっています。

あのディアゴスティーニから

「週刊 The Magic」 なんかも出しております。

出典:https://deagostini.jp/

スポンサーリンク

メイガスさんのマジックを見たくないですか?

世界最新、最速の超絶イリュージョンの世界

そんなメイガスさんのマジック、これからも大注目ですね!

いつか実物のマジックショーを見てみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする