モーリー・ロバートソンが母校のハーバード大学へ。。DJ時代、エリートたちの壮絶な生活語る【アナザースカイ】

スポンサーリンク

モーリー・ロバートソンが母校のハーバード大学へ。。DJ時代、エリートたちの壮絶な生活語る【アナザースカイ】

モーリー・ロバートソンが母校のハーバード大学へ。。

今やテレビで見ない日はないほど日本のメディア業界で活躍しているジャーナリストのモーリー・ロバートソン。

インテリだけどすごくラフで日本人以上に日本に詳しくて。。

もう有名すぎるくらい有名な彼ですが、アナザースカイで母校のハーバード大学へいくということで、居ても立っても居られなくて、彼のことを書いてみました。

こちらはアナザースカイの予告文です。

ジャーナリストのモーリー・ロバートソンが母校ハーバード大学を30年ぶりに訪れる。DJモーリーを生んだ原点。勉強やプレッシャーに追われる日々…世界のエリートたちの壮絶な学生生活。バンドを組んでいた悪友と再会…友人の今の職業は!?アイスクリーム店バイトでの苦い思い出。現役学生と対談…現在のエリートたち&今のハーバードの実態は!?ジャーナリストとしての夢、これからを語る。

まずはモーリーさんは何者?って思ってる方たくさんいるとおもいますので彼のプロフィールから。。

スポンサーリンク

モーリー・ロバートソンwiki風

モーリーは先ほどジャーナリストと紹介しましたが、実はいろいろな顔をもっているのです。

1963年1月12日生まれ。日本を中心に活動している米国籍のDJ、ラジオパーソナリティー、ミュージシャン、ジャーナリスト、で、タレント。

わお!あまりに博識だからジャーナリストだけかと思っていたら、他にもいろいろ多彩すぎる!

そして、彼はニューヨーク生まれの広島育ちなのです!

アメリカ人で医者の父親と毎日新聞社の記者であった母親黎子さんの間に生まれました。

幼稚園に通うころまでサンフランシスコに在住。

1968年に父の転勤で広島県広島市へ移住。広島市の幼稚園を経て小学校5年生まで広島市のインターナショナルスクールへ。。

広島っ子になったと思い、日本語や漢字を使えるようになりたいとインターナショナルスクールをやめて、5年生の2学期から公立の小学校へかわる。

その後、中学受験をして広島の男子進学校修道中学校にトップクラスで入学。

父の転勤で2年の1学期に中学を中退し、米国ノースカロライナへ。。

ノースカロライナでは公立の学校に行ったがすぐに私立の中学に転入し、飛び級。

やはり、このころから天才ぶりを発揮していたのですね。。

そして、ここからが面白いのですが、また父の転勤でサンフランシスコに行くも公立の高校にはいり、のちに、広島の修道高校へ留学生として通う。

このころ当時はやっていたディスコに行くなどして不良の烙印を押される。。

そのあとは母の実家のある富山県高岡市へ。。

高校はしばらく聴講生扱いであったがその後編入。

心の支えが音楽となった。。。。

近くの工業高校の生徒とバンドを組み、東大に入ったらバンドの宣伝になると3か月間猛勉強して東大に入るが、「おまえだけ目立つ」と言われ脱退させられる(笑)

東大合格と同時に、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、イェール大学、UCLA、プリンストンと軒並み合格。。

正真正銘の天才です。。。

スポンサーリンク

つづきはアナザースカイで

半生だけでも魅力的なエピソード満載のモーリー!

さて、このつづきはアナザースカイで!!

オンエアーの後にまたレポしますね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする