上原浩治の兄は誰?北川隆明(北川ヒューテック代表)が語る雑草魂とは。弟が憧れた兄とは。【消えた天才】

スポンサーリンク

上原浩治の兄は誰?北川隆明が語る雑草魂とは。弟が憧れたかなわない兄とは。【消えた天才】

巨人軍上原浩治選手のすごい経歴(まずは上原選手が天才!)

今日は「消えた天才」SPに上原投手が出演されるということで上原浩治選手のことを調べてみました。

私は野球のことはあまり詳しくはなく、選手や野球のいろいろな事情などほとんど知りませんが、上原選手だけは昔から再三話題になっていたのでもちろん名前や顔などは知っていて、なかなか好感持てる選手だなあと思っていました。

しかし、巨人軍にいた投手、メジャーリーグにいった。くらいしか知らずに、今回いろいろ調べていくうちに上原選手ってすごい!まさに彼が天才だ!と思いました。

まずは彼の経歴などを並べてみます。

出典:https://sp.baseball.findfreinds.jp

上原浩治選手(うえはらこうじ)

生年月日:1975年4月3日

出身地:大阪府寝屋川市

出身校:東海大学付属仰星高等学校・大阪体育大学

職業:プロ野球選手(投手)現在(2019年時点)読売ジャイアンツ所属。右投右打

2013年MLB(メジャーリーグ)で日本人初のリーグチャンピオンシップ、ワールドシリーズ胴上げ選手となった。

読売ジャイアンツの選手で元メジャーリーガでと、これだけをみると経歴が輝かしくてすごい!申し分ない!というありきたりな感想しかないのですが、ここまでくる上原選手の軌跡を振り返るとこれがなかなか鳥肌ものです。

上原選手は実父が監督を務める少年野球チーム「寝屋川アスナローズ」で野球を始めました。中学校に進学しましたが、野球部がなかったため陸上部に所属しながら「明徳アスナローズ」というチームで野球をしました。

高校は自転車で通えて野球が強いという理由で東海大学付属仰星高校に進学。高校野球では外野手を務める一方で打撃投手なども務める。

3年生になって投手になるが建山義紀の控えでほとんど登板機会がなく、夏の甲子園の予選も大阪大会準々決勝で敗退したために全くの無名選手でした。

同じチームの建山義紀がプロ球団から勧誘される中、上原は体育教師になる夢を叶えるため大阪大学への進学に備えました。運動能力、学力とも合格ラインに達していると自負していましたが、結果は不合格。この時のショックはいまだに忘れられないほど強烈なものに。

そして浪人してもう一度受験することを決意。予備校に通う傍らジムでトレーニングを積み、さらに家計への負担を減らすために夜間は道路工事、のアルバイトをこなした。

この間の努力は「人生であれほど燃えた1年間はない」と語っており、その時のことを忘れないために背番号を「19」にしたというほどです。

まず、ここまでのエピソードだけを聞いたら、その辺にいる普通の野球好きな若者。。という印象しかありません。。

大学への入り方も、大阪体育大学に入るのに浪人って。。。うーん、あんまりない。。

しかし、上原選手のスター人生はここからがすごいのです。

スポンサーリンク

野球スター人生まっしぐら!上原選手の快進撃!

浪人の末、無事に大阪体育大学に入りもちろん野球部に入部。

浪人中にジムでトレーニングしてさらにピッチングのトレーニング本「ピッチャーズ・バイブル」(ノーラン・ライアン)を読んでトレーニングしていた成果か、1年半ぶりの上原選手の投球は驚くほど威力が増しており、監督が球速を測らせたところ、146㎞/hを記録。その年の阪神大学リーグでは主戦投手として優勝に貢献。大学選手権でも好投しプロのスカウトから注目されるようになりました。(笑)

1997年の大学3年生の時には日米大学野球選手権大会で大会タイの14三振を奪い、メジャー球団の関心を惹きました。日本代表に選ばれた同年8月のインターコンチネンタルカップ決勝では国際大会連勝中だったキューバ相手に先発して勝利投手に。そして最優秀投手賞を獲得。

大学時代は地元の近鉄バファローズがマークしていたが、国際大会の活躍で注目度をあげてメジャー4球団を含む複数球団が獲得に乗り出す!!

これ、すごくないですか!!大学時代に入ってからの活躍が目覚ましすぎます!!

最終的にメジャーのアナハイム・エンジェルスと読売ジャイアンツの争奪戦になったが、ジャイアンツが大学2年の時から熱心に勧誘し続け、上原選手は迷いながらも巨人を逆指名。1位で入団した。会見では「メジャーでやるにはまだ自信がないから」と語っていました。

そして、入団1年目、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手主要4部門を制し、4冠を達成。新人王と沢村賞も受賞。

出典:https://sp.baseball.findfreinds.jp

自分自身を雑草に喩えた「雑草魂」が1999年の流行語大賞に選ばれました。

そして、2008年FA権を獲得。メジャーを目指す。

出典:https://sp.baseball.findfreinds.jp

2009年にボルチモアオリオールズ、2011年にテキサス・レンジャーズ、2012年にボストン・レッドソックス、2016年にシカゴ・カブスと活躍し、世界の上原選手になりました!

スポンサーリンク

そんな上原選手にはかなわないと思っている天才がいる。。

こんなドラマみたいなサクセスストーリーのある上原選手が「憧れ」であり「全くかなわない」と思っている人がいます。

それはなんと、彼の2つ上の実のお兄さんだというのです。

そんなにすごい方ならもし野球をやっていたなら兄弟で野球選手になっているのでは。。と、思いましたが、どうやらそうではないそうです。

しかし、上原選手が憧れというくらいの方です。素晴らしいお兄さんなのです!

北川隆明さん。

1992年に寝屋川高等学校を卒業

1996年に東京学芸大学を卒業。

1999年に北川ヒューテックに入社。

現在、北川ヒューテックという会社の代表取締役をされています。北川ヒューテックは金沢に本社があり、道路事業を軸に土木、建設、環境などの会社です。

北川ヒューテック株式会社

本社所在地

石川県金沢市神田1丁目13番1号

設立年月日:1947年7月

従業員数:367名

資本金:3億円

売上高:170億円

お名前が「上原」でないのはどうやら婿養子に入られたようです。

北川ヒューテックの娘さんとご結婚されたそうです。

あれ?野球選手ではないのですね。

上原選手がかなわないと言っていたお兄さんは、どうやら中学で野球をやめてしまったようです。

それはなぜなのか、上原選手も知らないということです。

彼こそが今回の「消えた天才」なのです!

上原選手が天才だと語るお兄さん。。。。

どんな方なのか。。そして、お兄さんだから知る上原選手の「雑草」時代!

オンエアー後またレポします!!

そして、なんと今日、上原選手が引退を表明!!関連記事はこちら↓

上原浩治選手(投手)引退!雑草魂でメジャーリーグの活躍まで登りつめた寝屋川のスター! 読売ジャイアンツ上原浩治選手の雑草魂...

オンエアー後のレポ記事は次ページ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする