クリスティーナ・フィリップスが250㎏減量した胃縮小手術とは費用やデメリットは?【レディース有吉】

スポンサーリンク

クリスティーナ・フィリップスが250㎏減量した胃縮小手術とは費用やデメリットは?【レディース有吉】

クリスティーナの肥満・レディース有吉

今日のレディース有吉では、アメリカで250キロの減量に成功した女性の話題を取り上げるそうです!

アメリカ・ミシシッピ州に住むクリスティーナは、ストレスが原因で食べる量が増えてしまい、22歳でなんと体重が321キロになってしまう。

そこからある方法で250キロもの減量に成功したというのだがその方法を公開。。

ひやー、ダイエットって今や女性ならずとも男性にも興味のあるカテゴリーですよね!

もうすぐ夏だから、どんどん薄着になるしそろそろダイエット始めなキャー!なんて女子、五万といますよね!

とにかく、どんな方法でもいいから知りたい!っていうのが、ダイエット法!

今日は、アメリカのクリスティーナが321キロから250キロも減らしたというお話にフォーカス!

250キロって、尋常じゃないよね!50キロの人間5人分じゃないですか!

250キロとはいわない!せめて10キロだけでも痩せたいよねー!

だから、レディース有吉で公開される前に先にその方法を公開しちゃう!(笑)

では、クリスティーナがどんな方法で痩せたか見ていきましょう!!

スポンサーリンク

クリスティーナの減量法

クリスティーナはあめりかのTV番組「私の600ポンド生活(My 600lb Life)」というダイエット番組に出演したことがきっかけでダイエットに取り組みました。

この番組は、肥満者の生活に1年間密着し、体重をどこまで減らしていくかみていく番組です。これまで100名近くの人に密着しています。

クリスティーナは番組に出た時は314キロ、1年後に176キロになったので、この時は250キロは減ってないのですが、この取材のあともダイエットを続けたそうです。

クリスティーナが体重を減らすのに行った方法の一番のかなめは

胃縮小手術」です。

もちろんこれだけではないですが、日本ではあまり馴染みのないように思えるこの、胃縮小手術。

効果や、費用やデメリットについて調べてみました。

実は日本でもこの胃縮小手術を受けている人は少なくないようですよ。ただし、誰でも受けられるというようなものではないのです。

まず、この手術に適応するかどうかが判断されます。

減量手術の適応~

手術を受けることができる患者さん(病的肥満症に該当する患者さん)
“6ヶ月以上の内科的治療を行ったにも関わらず”

① BMIが35以上で,肥満に関係する病気を合併している患者さん
② BMIが40以上の患者さん

手術を受けることができない患者さん
病的肥満症に該当しても,減量手術ができない身体的な理由(以下)がないか調べる必要があります.
① 手術や麻酔自体が危険な場合(重症の心臓病や肺疾患など)
② 肥満の原因が内分泌疾患や薬物による二次性肥満の場合
③ 薬物依存(アルコール依存も含む)の場合
④ 神経・精神の疾患があり,治療を受けている場合
⑤ 過去に開腹手術などを受けていて高度の癒着が予想される場合
⑥ 術前栄養指導どおりの食事療法ができない場合(食べてはいけないものを食べてしまうなど)
⑦ その他外科的治療が困難か危険と判断された場合

②の場合,その原因疾患に対する治療をしなければ,手術を行っても肥満は改善しません.肥満の原因となるような病気が隠れていないか,まず調べます。

そして、胃縮小手術は、正式には腹腔鏡下袖状(スリーブ)胃切除術(LSG)と言われています

胃の下側(大彎側)の大半を切除して,胃をバナナ1本くらいの大きさにする手術です.胃が小さくなるので,食べられる食事の量が減少します

出典:https://www.3.kmu.ac.jp

腹腔鏡下ということは、お腹を切開しないで5mmから12mmくらいの穴をあけて行います。

それならちょっと安心かなという気もしますが、実はそうでもないようです。

スポンサーリンク

胃縮小手術のメリットデメリット・費用

メリット:
1.食事量が制限される手術ですので,体内に入ってくるエネルギーを減少できます.比較的新しい手術ですが,短期報告では,良好な体重減少効果が多数の論文で報告されています.当科においても,良好な体重減少効果を得ています.(当院治療成績:クリック)
2.バイパス手術と異なり,食べ物は通常通り消化吸収されます.
3.術後にも,胃や胆道の内視鏡検査が可能です.
4.バンディング手術よりも良好な手術成績(短期成績)の報告があります.
デメリット:
1.胃を切除するので,元に戻せません.
2.食事が通る部分で狭窄(狭くなる)が生じたり,吐き気や嘔吐が術後みられることがあります.
3.小さくした胃が拡張することにより十分な体重減少効果が得られないことがあります.
4.食事が通過するルートは術前と変わらず,栄養吸収障害効果はありませんので,少量ずつ摂取すれば,摂取は可能で吸収されます.つまり,カロリーの高いもの(お菓子など)を少量食べ続けたりするなどのことをすれば,リバウンドする可能性があります.

なぬ!!デメリットに、リバウンドする可能性はあります!!とあります!!

手術までして胃をとって、それでもなおリバウンドするとは!!

やっぱりダイエットに絶対痩せるはないんですね。。。

そして、気になる費用ですが、だいたい日本では40万円前後のようです。。

やっぱり適度に食べて、しっかり運動する。

そして、クリスティーナが太った原因は、両親の激しい夫婦げんかにストレスを感じていたということなので、精神衛生も保つのも大事ですね!!

それではみなさん、地道にダイエットしましょう!!(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする