高山良二元自衛官はカンボジアで国際地雷処理・地域復興支援の会理事長に。キャッサバ芋焼酎も!奇跡体験アンビリバボー

スポンサーリンク

高山良二元自衛官はカンボジアでNPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会理事長に。奇跡体験アンビリバボー

高山良二元自衛官が国を変え、世界を変えた!!

今日の奇跡体験アンビリーバボーでは元自衛官の高山良二さんの素晴らしい話が放送されます。

2002年に定年を迎えた1人の日本人男性。

彼はある思いを抱えていた。それは「カンボジアに行きたい」というものだった。男性は、2002年まで自衛官として勤務しており、カンボジアの悲惨な状況を目の当たりにしていた。1番の問題である地雷、不発弾は600万個あるとされ、それにより畑を耕すことができず人々は貧しい生活を余儀なくされた。男性は地雷、不発弾を処理する技術がありながらも、自衛官としての任務に含まれなかったことから人々を救うことができなかった。そんな葛藤を抱えながら退官したのち、わずか3日後にはカンボジアに旅立ったのである。しかし、数々の試練が男性を待ち受ける。

国を変えようとした男性の激動の半生!それを支える妻!男性が下した決断が世界を変える!

今日はこの元自衛官の高山良二さんについて調べていきます。

スポンサーリンク

高山良二元自衛官のプロフィール

高山良二

生年月日:1947年生まれ

出身地:愛媛県宇和島市

職業:元陸上自衛官・地雷処理専門家・NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会理事長

高山さんは1992年から93年にかけてカンボジアのPKO(国連平和維持活動)に自衛官として参加していました。

しかし任務を終えプノンペン空港を離陸して、機上からカンボジアの大地を見下ろしながら、「まだ、遣り残したことがある」ような心境に駆られ、「また、必ずここに戻ってこよう」と思ったそうです。

それから10年の歳月が経ち、2002年5月、定年退官した3日後には日本のNGOの一員としてカンボジアに向かっていました。

カンボジアはまだまだ600個くらいの地雷が埋まっているところがあるそうで、その地雷で畑が耕せず貧困に陥ったり、子供が遊んでいて爆発してけがをしたり命を失うこともあるそうです。

そこでご自身の専門知識を生かし、地雷処理をし、処理した土地を畑として蘇らせ、現地の復興・発展につなげたかったのです。

プノンペンに到着後、活動立上げの調整をカンボジア政府機関と実施していたのですが、2週間ほど経ったある日、高山さんは突然不安定な精神状態に陥り、すぐにでも日本に帰りたいと思うようなくらい憂鬱に苛まれました。

日本に帰る決心はその時は出来ず、それ以降苦しい日々を過ごしながらも活動していました。不発弾処理はまもなく開始できたものの、高山さんの専門の地雷処理の活動が開始できる見通しは全くたっていませんでした。

そして2年半がたち、2004年9月、遂に精神状態が限界になり、一度帰国して精神異常を治療し、地雷処理活動が開始できる見通しをつけてからこようと考えました。

高山さんにとってあれほど夢にまで見たカンボジアを離れることは、辛い選択で大きな挫折感でした。1年3ヶ月が過ぎた頃、地雷処理の活動ができるチャンスが巡ってきたので。高山さんは再びカンボジアに向かいました。そして、調査などを経て2006年5月に念願の住民参加型地雷処理活動がカンボジアのバッタンバン州で開始できたのです。

スポンサーリンク

その後。。カンボジアの学校で

ところが、2007年1月19日、余りにも悲しすぎる事故が起こりました。対戦車地雷の爆発事故で作業していた7名の隊員が帰らぬ人になったのです。

高山さんは「この事故は、全て私の責任です」と、遺族や村の方たちに謝罪すると共に、彼等の業績をなんとしても後世に伝えたいと考え、活動を継続することにしました。

そして5年が経過した現在は、学校、道路、井戸の建設、日本語教室、日本企業の誘致、地場産業、国際交流など、地域復興支援活動にも着手し、この住民参加型の活動が内外から評価されるようになりました。

そんな折の昨年暮れ、奥様が突然脳腫瘍で倒れ、一時は危篤状態になり、緊急手術を受けました。辛い選択でしたが、これまで活動してきたNGOを辞める決心をし退任しました。幸い奥様は手術に成功し奇跡的な生還を果たし、現在では元気な姿に戻りつつあります。

高山さんはこれまで10年間も活動を支えて下さった方々と相談し、再びカンボジアでの活動を再開することにし、NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)を設立し、これまでと同じカンボジア北西部のバッタンバン州カムリエン郡というタイとの国境に接する地区で住民参加型の地雷処理活動と、地域復興支援の活動を続けています。

スポンサーリンク

キャッサバ芋の焼酎

こうしてカンボジアの地雷処理をしてきた高山さんですが、もう一つ動すごいのが、地雷処理をした土地をキャッサバ芋の畑にしようということなんです。

そしてそのキャッサバの芋で焼酎を作って、産業にしてみてはどうかと。

キャッサバ芋の焼酎ソラークマエ

そのほか米焼酎とさとうきびを使ったラム酒にジャックフルーツを漬け込んだお酒など、加工産業も発展させたいと。

日本ではなじみがないジャックフルーツだけどスッキリとして口の中でバナナに近い香りが残るそう。

その焼酎は愛媛県で売り出しされてるといいます。

そんな高山さん、平成23年度社会貢献支援財団から表彰を受けています。

世界平和を願う高山さん。素晴らしいですね。

最終的な夢は、平和構築理念の啓発だとかったております。

これを機にもっと世界平和を考える良い機会となりました・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする