尾美としのりが誰?っていう若い世代に「尾道三部作」の尾美クンを語りたい。【爆報フライデー】に出演。

スポンサーリンク

尾美としのりが誰?っていう若い世代に尾美クンの魅力を伝えたい。

今夜爆報フライデーに出演。

尾美クンが久々にバラエティーにでるというので。。

俳優の尾美としのりさんが爆報フライデーにでるというので、ちょっと嬉しくなりました!!

というのも、たぶん1980年代に青春を送った方はわかってもらえると思いますが、昔は尾美クンといえば、青春映画の主人公でになりながらアイドルやイケメンモデルというわけでもないのだけど、そのなんとも普通にいる男の子な感じが素敵な青年俳優だったのです。

尾美としのり

本名:尾美利徳 1965年12月7日生まれ。

尾美としのりといえば、「尾道三部作」という代表作が3点あります。

これは大林宣彦監督の代表作でもあり、第1部の「転校生」で監督に気に入られそのまま全3作に出演しました。

スポンサーリンク

尾道3部作の1作目「転校生」

尾美クンは子役の時から活躍をしていたのだけれど、彼の名が世に一番知れ渡った代表作といえば、大林宣彦監督の映画「転校生」です。

この転校生という映画は、中学3年生の一美と一夫が主人公。

昔近所に住んでいた幼馴染が転校してきて学校の帰り道に神社の階段から一緒に転げ落ち、体が入れ替わってしまうというストーリー。

そして、男の身体で女の心、女の身体で男の心という思春期の心と性を扱った映画でした。

尾美クンは斎藤一夫という中学生男子を演じましたが、彼の役は身体が男で心が女の役なので、当然、女々しい感じのオネエチックな役柄だったのです(笑)

今でこそオネエキャラは確立されていて、女っぽい男の人がいても特に違和感はないですが、当時は女言葉を使う男の人は違和感だらけで、変態チックなイメージがあったので、見てるほうは面白かったのですが、役をやっていた尾美クンは試写会に同級生がいたのを見たときは、隠れてしまったそうです(笑)

しかし、その全編その女々しくおかま口調な演技が好評で、その年の日本アカデミー賞新人賞を受賞したのでした。

スポンサーリンク

尾道3部作2作目「時をかける少女」

「時をかける少女」は大林監督の尾道3部作の2作目。

転校生の制作会社は日本テレビで、時をかける少女は角川映画です。

尾道3部作って制作会社が違うのに大林監督でひとくくりにされているあたりが、なかなか柔軟な感じですよね。

もとい、この映画は女優・原田知世の代表作でもあり、当時彼女はこの映画で一世を風靡したといっても過言ではないほどセンセーショナルを巻き起こした女優さんです。

そして、そんな主人公の原田知世演じる芳山和子の幼馴染の堀川吾郎を演じる。

吾郎ちゃんは醤油屋の息子という設定でしたが、職人肌の吾郎を演じる尾美クンは、「転校生」の時とは打って変わってぶっきらぼうな感じでした。

一世風靡している女優・原田知世相手に、なんともぶっきらぼうな男子学生を演じるのですが、これは原田知世ファンからしたら、なかなかな嫉妬対象になっていたに違いなく、女性陣はそんな尾美クンに、自分の近くにもいる幼馴染の感じとだぶらせたのではないでしょうか。

この映画では原田知世がアカデミー賞新人賞に輝いています。

スポンサーリンク

尾道3部作3作目「さびしんぼう」

3作目は「さびしんぼう」です。そして、制作会社は東宝っていう(笑)

さびしんぼうの尾美クンはお寺の息子、井上ヒロキを演じます。

いつも寂しげな美少女、橘百合子に思いを寄せている男子学生ですが、お寺のお掃除をしているときに昔の母親の写真をぶちまけていまい、その時に奇妙な格好をした「さびしんぼう」が出てきて、そこからストーリーが始まる。

転校生、時をかける少女とは打って変わって、淡く切ないラブストーリーの主人公。

そう、最初にも述べましたが、尾美クンの魅力は、イケメン、美少年ではないこと。

あくまでも普通の、ごくごく普通の、ほんとにご近所、、となりに住んでいそうな男の子なんです。

だから、カッコつけたキザなところもない、等身大の青春を見せてくれるのです。

なんだったらちょっともったりしたところが現実に自分の理想とダブらせることができるそんな魅力の持ち主が尾美クンなのです。

スポンサーリンク

今の尾美クンは。。

今の尾美クンは、もう50歳も越え、役者としては名バイプレイヤーとして、様々な役をやっておられるのですが、それこそある意味洗練された役者さんになってしまって、彼の若いころのなんとも普通感というか、ぬけ感たっぷりな青春の汗臭い感じがもうないので、少々寂しいですが、それでも時々テレビを通して尾美クンが見られると自分が若い時の青春がダブって、なんともノスタルジックな感じになるのです。

今夜は「爆報フライデー」で、23年前に確執を作ってしまった大物Xさんが明かされるということで、これまた見ものだなと楽しみにしています!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする