栗秋正寿は登山家で修猷館高校(しゅうゆうかん)の卒業生。世界初の偉業を成し遂げた奇才で超人!【あいつ今何してる?】

スポンサーリンク

福岡・修猷館高校(しゅうゆうかん)の卒業生で世界初の偉業を成し遂げた奇才!【あいつ今何してる?】

福岡県公立高校のNo.1の名門の修猷館高校(しゅうゆうかん)

「あいつ今なにしてる?」では、知られざる現代の日本の偉人についてよく特集されますが、今日は福岡県の公立高校の名門、修猷館高校の卒業生、世界初の偉業を成し遂げた奇才!ということで、またまたすごそうな人物が特集されます!

あいつ今なにしてる?では以前にも修猷館高校の卒業生の天才が特集されたことがあります。

修猷館高校の卒業生すごいな~!!

ということで、まずは修猷館高校の特色などを見ていきましょう。

修猷館高校は福岡県福岡早良区にある高校です。

九州にある公立高校の中では東京大学合格者数が一番多いということで、そのことからも名門と言われているのでしょうね。

1784年に福岡藩の藩校として修猷館が開館します。現在の修猷館高校になったのは1949年のことだそうです。

名門校というと規律が厳しそうなイメージがありますが、校風が自由なことで有名で、校長先生のことは「館長」生徒のことは「館生」などと呼ぶらしいです。

ま、呼び名だけで自由な校風かどうかというのは推し量られませんが。。。(笑)

でも、なんか変わった感じというか砕けた感じも否めません。。

名門というだけあって、卒業生には政治家やジャーナリスト、アナウンサーなどもいらっしゃるようです。

スポンサーリンク

栗秋正寿は修猷館高校卒業生で世界初の偉業を成し遂げた奇才!

そんな修猷館高校ですが、その卒業生の中に、教師すらも恐れた、常人離れしたスタミナを持ち、“ある場所”に行くと「化け物」に変わるという超奇才がいたというのです!!

その卒業生とは「死の危険」を感じながらも、数々の苦難を乗り越え、とある“挑戦”を続け、世界初の快挙を成し遂げた日本の超人として、世界中で賞賛を受けるなど、メディアを騒がせた日本人なら知っておくべき驚きの経歴があるというのです!!

その超人について「今あいつ何してる?」で紹介されるようなので、リアルタイムで追いかけます!!

その超人とは栗秋正寿さん

栗秋正寿さんは登山家になっていました。

生年月日:1972年8月15日

冬季アラスカ山脈登山の第一人者。

冬季マッキンリー単独登頂成功。(世界で4人目史上最年少)

植村直己冒険賞受賞。

大学生の時にマッキンリー登頂成功するという偉業をなしとげる。

その後フォレイカーも制する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする